ブログトップ

我が家の休日

休日に遊びに行っった事や、日々の出来事、趣味の釣りに関することをUPしていきます。


by さくたろう(icchaan)
プロフィールを見る
画像一覧

トルコその6・現地の子供たち

またまたサボってしまいました。(^_^;)

ちょっとしつこかったトルコ編も最終回。(笑)

トプカプ宮殿で出会った、子供たちが面白かったのでその事をちょっと・・・




トルコ人は親日家が多いって話をよく聞きます。

イラン・イラク戦争の時も、テヘランに取り残された日本人をトルコ政府が、迅速な対応でトルコ航空を使って
助けてくれましたね。(日航は安全が保証できないという理由で飛ばなかったので日本政府は諦めた)

ではなぜ、トルコ人はそんなに親日なのか??

それは、
1890年(明治23年)9月16日に和歌山県串本町の紀伊大島海上で起こった

【エトゥールル号遭難事件】にさかのぼります。

台風で、岩礁に乗り上げ沈没、死亡587名、生存者69名の大惨事。
その時に、台風にも関わらず、大島の人たちが総出で救出。
その後、自分たちの食料もままならないのに、献身的にトルコ人を救護し、
年明けの1981年、無事にイスタンブールに69名を政府が送り届けた。

と、いう話。
興味がある方は調べてみてください。(リンクの貼り方がいまいちわからないので、汗)
串本にはトルコ記念館もあります。

皆さんは、知っていますか?
恥ずかしながら、私も詳しくは知りませんでした。
学校の歴史では習わないし。

ところが、なんと!!
トルコでは小学校の歴史の時間に習うらしいのです!
日本でも教えてほしいですよね。

で、本題へ。

そうなんです。
トルコの子供にとっては、日本人はある意味、ヒーローなんです。たぶん(^_^;)

トプカプ宮殿に行ったとき、
日本でいう「遠足」みたいな感じで、小学生くらいの団体がたくさん来ていました。

宮殿の中を周っていると、その子供たちの視線を妙に感じます。
そして、とうとう5,6人の高学年らしき子供が、私たち家族に声をかけてきました。

何を言ってるのかわかりませんが、
どうやら、一緒に写真を撮ってくれ、見たいな感じで、自分のスマートフォンを指差しています。

次男が、オッケーと言って一枚、その子と撮ると、また次の子が。
4人くらい撮ったところで行こうとするので、
今度は私たちが撮れせてくれと頼んで、何枚か撮りました。

またまた、次男登場。
この、青いジャージの男の子が声をかけてきました。

e0184826_0464396.jpg



あとで聞いたら、女の子に腰に手を回され照れてしまったらしいです。(笑)
e0184826_048992.jpg



子供は、かわいいですね。
e0184826_0525258.jpg


ごまパンを買う女の子たち。
このあとピースしてくれました。
e0184826_054144.jpg



先生の引率で。
e0184826_0554933.jpg



この子たちが大きくなっても日本人を好きでいてほしいなと思います。
そのためには、私たちが恥ずかしくないように頑張らなくては。
以上、トルコの子供たちでした。

そして今度はうちの子の話。
旅行前に長男が、突然一日早く帰りたいと、言いだしまして。(^_^;)
大事な商談があって、わざわざ東京から人が会いに来てくれるから、どうしても一日帰りたいと。

仕方ないので、旅行会社に相談。
ところが、ツアーなので一切の個人行動は出来ません、とひと言。
そんな事はわかった上で、何か方法はないのか相談しているのに、何も出来ませんの一点張りで、まったく対応してくれません。
何かあれば責任問題に発展するので、関われないのはわかりますが、冷たすぎます。

仕方ないので、直にトルコ航空に電話、事情を話すと、旅行会社にかけあうととの事。
親切ですね~。(結果はダメでしたが。)

結局、長男の、帰りの分を一枚追加購入して長男だけ、イスタンブールを観光することなく帰りました。
一時は、長男だけキャンセルも考えましたが、なんとか一緒に行けてよかった。
一人だけ、一日先に帰る長男は不安で一杯やったと思いますが。
出発一日前に、起こったハプニングでした。


ハプニングと言えば、1回ホテルでキーカードを部屋に置いたままドアを閉めてしまった
事があり、フロントで説明するのが大変でした。(笑)


以上、長々と書いたトルコ編は終了です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回、南港初シーバスゲット編です。
[PR]
トラックバックURL : http://icchaan.exblog.jp/tb/17892491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by スマ at 2012-05-04 01:29 x
トルコ編お疲れ様でした。
行った国の人が親日でいてくれるのは嬉しいですよねー
長男さんも大変だったんですね。
それにしてもサクさんがお優しいこと。
うちの親父だったらワガママ言うな!っと一喝されてます(^_^;)
物分りのいい父は羨ましい。
また旅のブログ書いてくださいね。
旅好きなので読んでると心が弾みます(^^)
Commented by さくたろう at 2012-05-07 00:16 x
スマさん>なんとか最近、物分りが良くなってきました。(笑)
また、何処かへ遊びに行ったら報告します。いつもありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by icchaan | 2012-05-01 01:27 | お出かけ | Trackback | Comments(2)