ブログトップ

我が家の休日

休日に遊びに行っった事や、日々の出来事、趣味の釣りに関することをUPしていきます。


by さくたろう(icchaan)
プロフィールを見る
画像一覧

前半は香川・徳島、そして後半釣りを兼ねて島根へ その1

ずいぶん日が経ってしまいましたが、お盆休み前半

初めて親を連れて、旅行に行ったので


記念に書いておこうと思います。


唐突ですが

お盆といえば、なんといっても 【阿波おどり】!!

あれ、我が家だけですかね?(笑)

e0184826_19135945.jpg




初めて阿波おどりに行ったのは、7、8年前

正直なところ、行くまでは

何が楽しいんやろ?たかが盆踊りやん
ちょっと大きな地元のお祭りやん

なんて、何も調べる事もせず、そんなふうに思っていました。

ところがところが、行ってみてびっくり!!


そのスケールの大きさと人の多さ

踊っている人たちの熱気と、その踊りにかける情熱がビンビン伝わってきて
まさに圧巻とはこの事。

ひとつの 『連』 (踊りのグループ) を見終わった時
その雰囲気に圧倒され、体中鳥肌が立つほどでした。


徳島市内、道路を封鎖して観客席を設けた、演舞場が何か所もあり
各連が、順番に踊り歩きます。

地元、有名連の他
いろんな団体が、連を作って参加していて
大手企業や有名な大学、ボランティアの団体
日本全国から集まってくるのです。

それ以外にも、街中少しでもスペースがあれば必ず、どこかの団体が踊っていますww

しかも、夜中までww


どこを歩いてもお祭り騒ぎ
完璧にはまってしまいました。(笑)



で、前置きが長くなりましたが、今年3度目の阿波おどり

もともとお祭り好きな母親を、連れていってあげようと


そして、おまけで申し訳ないが

“讃岐うどん” って、そんなに美味いのか!?

と言っていた、継父に本物の讃岐うどんを食べさせてあげようという企画が

この旅、実現したのでした。



そして、今年は

徳島の知人から、絶対お勧め! と聞いていた

“阿波おどり選抜”

の、チケットを早々と購入していたので、より楽しめたのでした。



e0184826_2095735.jpg

e0184826_20105134.jpg

e0184826_2218536.jpg
e0184826_22173481.jpg
e0184826_20124995.jpg
e0184826_201207.jpg
e0184826_20113655.jpg



同じ阿波おどりですが、有名連それぞれ踊りが違います。

写真ではなかなか伝わりませんが、それぞれの伝統がうかがえ
素晴らしいものでした。



会場を出ると、市役所前演舞場で開会式が始まり
お祭りが盛り上がっていきます。
e0184826_22265289.jpg



母親は料理研究家の人と写真を撮っていました。 (失礼ながら名前がわかりません・・汗)
e0184826_22303334.jpg



この後、もちろん私達も 飛び入り参加者でつくる “にわか連” にて
観衆の前を踊り歩きました。
e0184826_22334539.jpg



いつまでもにぎやかな徳島市内
e0184826_2235479.jpg

e0184826_22364574.jpg


写真もたくさん撮ったのですが、載せきれないのでこのへんで。(笑)


この後、香川県高松市内のホテル泊。

翌朝は定番のこんぴらさんへ行きました。
本宮まで785段ある石段も100段しか登らず
継父にいたっては、60段ほどで断念していました。
e0184826_2241245.jpg

e0184826_23584857.jpg

e0184826_23591146.jpg

e0184826_22452841.jpg


そして、2日目のメインイベント!

讃岐うどんを食べに、お隣の善通寺市へ。


毎回、うどん店選びはほんとに迷います。


今回は、釜あげが有名な 長田in香の香へ行く事にしました。(何となく決めました・・笑)

有名店では当たり前の行列(20分程で店内へ入れました)
e0184826_22525050.jpg

e0184826_22555886.jpg

e0184826_2304242.jpg

釜あげが有名なのに、あまりに暑かったので
“冷やし” をたのんだ私。
e0184826_22575047.jpg

しょうじき、あれ?っと言う感じでした


嫁のたのんだ釜あげを味見すると、やはり美味い!

冷やしと釜あげでこんなに違うとは、おどろきでした。www

本場さぬきうどんは、この店で6軒制覇しましたが

私的には、山越うどんが好きです。


たかがうどんやろ、と言っていた継父も、うまいうまい!  
といって喜んでいたのでまあ良かったと思います。


このあと、鳴門の渦の道へ行く予定でしたが、時間があったので屋島をぶらっとしました。
e0184826_23133313.jpg


屋島から源平の合戦場を望む
e0184826_23125750.jpg



屋島ドライブウェイの中ほどにある、不思議な坂道
下り坂に見えませんか?
e0184826_2314737.jpg


じつは登り坂なんです。
急こう配な坂の途中、すこし緩い登りの後、また急こう配な登り坂になっているため
目の錯覚で下っているように見えてしまいます。
e0184826_23143254.jpg



そして最後のスポット、渦の道へ
鳴門大橋の下を歩いて、海峡に出来る渦を上から見れるようになっているのですが
e0184826_23285013.jpg

この日は小潮、あまり大きな渦は見れずでした。
e0184826_23315241.jpg



橋手前にある 大鳴門橋記念館も見学したところで


e0184826_23474630.jpg
  
ちょうど日も暮れてきて、初めての親子旅行は終了
なかなか、楽しんでくれたようでした。

帰り道、淡路のハイウェイオアシスで夕食を食べ
帰阪しました。


そして、この全プランを考えたのは、じつは嫁。
e0184826_0265755.jpg

私は一切何もしていません。(笑)


すまん、おかん。\(^o^)/



島根観光編につづく。
[PR]
トラックバックURL : http://icchaan.exblog.jp/tb/21019614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by icchaan | 2013-09-04 00:03 | お出かけ | Trackback | Comments(0)