我が家の休日


休日に遊びに行っった事や、日々の出来事、趣味の釣りに関することをUPしていきます。
by さくたろう(icchaan)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
外部リンク
記事ランキング
Skypeボタン
ブログパーツ
Powered By イーココロ!
ここにブログ パーツのスクリプトを入れてください。
ここにブログパーツのスク リプトを入れてください。
ブログジャンル
画像一覧
その他のジャンル

今年もESO-1GPに参戦しました!

いよいよエソワングランプリ本番を迎えました。

結果から言いますと

エソの部5位!!
e0184826_254416.jpg



初参戦だった第2回で、まさかの他魚の部2位、以来の好成績!

やりました!ヽ(´▽`)/


自分なりに頑張ったなぁ~と思います。

とはいえ、やはり悔しい思いもふつふつと湧いてくるのも事実。

いや今は悔しかったなと思う気持ちの方が強いかもしれませんww







海でのルアーに嵌りだして今年で5年目

twitterを通じて、人生初の釣り大会 〈第2回エソワンGP〉  

に参加させてもらい


覚えたてのショアジギで、勝手に爆釣してくれたガシラで、他魚2位


自分でもよくわからない感じでもらった賞でした。

ものすごく照れくさかった、と同時にすごく嬉しかったのが忘れられません。



第3回は、体調を崩してしまい、前夜祭にも行ったのに

到着してそのまま車でバタンキュー

本番ではリールもバタンキューwww

散々でした。

エソは3匹。



そして去年は

自分なりに考え、ジグではなくルアーを選択

ポイントも人の多い聖地を避け、自分なりに模索したものの結果は1匹だけでした。




そして今年、

どうしようかぎりぎりまで迷っていました。



先週プラで、かなりいい思いをしたので、もう釣りはいいかなと。

運も使い果たしたしwww


今年は人との交流をメインに考え、前夜祭は寝ずに朝まで

そして本番は移動せず、煙樹が浜でのんびりとおしゃべりをしながらBBQ

そして、たまにキャスティング



そんなかんじでまったりしようと思っていました。



無理に詰め込んだ仕事の疲れもあったのかもしれません。




そもそもこの大会

最初、誘ってくれたのは、私に初めてシーバスを釣らせてくれたスマさん。

エソワンに出ればそれまでtwitterで仲良くしてもらっている人達にも会える

もっと言えば

ブログを通して密かに憧れていた、実行委員のひろさん、青山さん、チャックん
(憧れは少し大袈裟かもwww)

と、もっと仲良くなれるんじゃなかろうか・・・



そんな思いで参加した第2回を思い出し、初心に戻る大会にするつもりでした。



が、しかししかし


なぜかしら、前日の土曜日あれこれと準備をしていると

自分でもよくわからない、何かが沸き上がってくるような感覚がww



結局前夜祭も、深夜に次々集まってくる人たちを尻目にさっさと片づけ

0時頃には車で寝袋に包まっていました。





エソワングランプリ

人それぞれの楽しみ方があるこの大会



しかしながら、やはり試合は試合

参加するからには少しでも上位を狙いたい

という思いがだんだんと強くなってきて

起床のモーニング ”缶コーヒー” と共に、リールをセット

ロッドにラインを通しスナップもしっかりと結び

めぼしいジグとルアーをライジャケに。




e0184826_6444660.jpg

開会式最後、つなちゃんのスタートの合図と共に急いで車に乗り込み

自分の中で、一番可能性の高いであろうポイントに車を走らせていました。



途中、あたりさんらしき車に抜かれましたが、ポイントはかぶらずでした。
(本人に確認していないのですが、たぶんあたりさん)

あたりさんは強敵ですからwww



波止へ上がると一般の釣り人だけで、大会参加者はまだ誰もきていませんでした。



まずはいつもの、マリア ”ショアトリッカー35g” でキャスト開始

色は今まで一番エソを釣っているラインゴールドピンク



しかし、2投3投してもアタリが無い


先週来た時には3投目には釣れたのだが、何投してもまったくアタリがない!



そうこうしているうちに、同じ参加者が2組並びだした。


10投くらいした時、この日初めてのアタリ


が、のらない・・・


色を変えてみる

これも今まで実績のあるラインピンクパール


しかし一向にアタリはなく、たまにアタってもフッキングしない・・・


はやる気持ちが空回り、まったく釣れないエソ。



先週は、ものの30分ほどで4匹釣れたのに・・・

しかも、かなり大きく、きちんと計ったわけではないが

300~400gはありそうだった・・・



一週間でこの変わり様

なんというか、釣りの難しさを思い知らされた・・・




局地的にしかエソが釣れないのは、先週回った時に分かっていたのですが

ここはよく釣れた場所。



色を変え、シャクる幅やスピードを変え、フォールで誘ったり、思いつく限りの事をやってみる


しかし、たまにアタっても全くフッキングしない。

とにかく食いが渋い。



そこで、テールにトレブルフックのついた

マリア ”ムーチョルチア35g” に交換。  

根掛りやすいので 普段ほとんど使わないのですが

あまりにのらないので、そんな事は言ってられない。




なんとか、1時間ほどで2匹キープしたものの、しかし後がまったく続かない。


しかも釣れた2匹は小さい。

過去、外道として釣ってきた中でも小さいほうで、これでは仮に5匹揃えても

上は目指せない・・・

他の参加者が気になる。



先端付近の2人組は何匹か上げている様子だし


気持ちは焦るばかりでした。



おかしいな、こんなはずじゃなかったのに・・・・

今回はもうあきらめるか?

真剣にそう思いました。



他のポイントはへ移動しようかとかなり悩みましたが、

他へ行っても大勢の参加者がいるだろう、自分の思うポイントに

投げれるのかは疑問なわけで・・・


しかし、このまま同じ事をしていても釣れないのがわかっている



なのにここで時間を潰すのか??


自分に問いかける・・・


いやいや、まだ諦めるには早すぎる、やりたいと思っている事全てをやりきらないと。



そうして小移動する事にしました。


2匹釣れた付近を違う角度から攻めるべく、波止から見えている 〝磯場” に移動しました。



そして水深のある沖の、底付近を少しでも効率よく攻めれるように


ジグも45gに変えました。

4回ほどシャクってはすぐ落とし、それを3回ほどで回収、そしてフルキャスト。



1投1投、今までにないほどシャクリに集中しました。



結局はこの移動が功を奏し、

なんとか、合計9匹取ることが出来ました。

自分で10時半には納竿と決めていたので、そこで終了。



9匹すべて、口に掛かっていたのはテールフックでした。



で、中でも1匹、かなりデカイ奴が釣れまして、


もしかしたら、優勝も狙えるんじゃない??


と、ちょっとだけ期待してしまったのですが


夢は儚く散りましたww





リミットメイクできた5匹の総重量は1858g

トップとの差は356g



6匹揃えても勝てるかどうかですねwww


やはり勝負事、そんなに甘くはありません。



でも今回、朝6時前から10時半までほぼ休憩せず、集中してエソを狙ったことで

普段あまり深く考えず、なんとなく感覚だけで釣りをしているのですが

ふり続いた雨、急に下がってしまった気温・・・


かなり自分では勉強になったように思います。

今更ですが、自然相手の遊びはほんとに奥深いと痛感しました。






【第5回エソワングランプリ】

また、忘れられない大会になりました。




参加されたすべての皆さんお疲れ様でした。




そして、最後になりましたが

エソワン実行委員の皆さん

今年もほんとに楽しい大会をありがとうございました。


年々グレードアップしているこの大会

参加人数がどんどん増えて、運営の方も2倍3倍と大変になっているでしょう

ほんとにお疲れ様でした。

ありがとうございました。


e0184826_26830.jpg

e0184826_1562751.jpg

[PR]

by icchaan | 2015-04-14 02:07 | ソルトウォーター
<< 高知遠征 素晴らしきゲスト!(外道とも言... >>